Amazonで配送をヤマトにしてPUDOで受け取る

 

街のあちらこちらで見かけるようになってきたPUDOステーション。

このPUDOでAmazonの荷物を受け取ることができればとても便利なのですが、現在のところ、Amazonからの荷物をPUDOに配送できるのは、事実上、配送業者がヤマト運輸になった場合のみです。

基本的に配送業者はこちらから指定できませんから、PUDOを使えるかどうかは運次第になってしまいます。

しかし、もし、確実にヤマト運輸にできるのであれば、毎回PUDOで受け取ることもできることになります。

PUDOステーション

 

ここでは、「Amazonの荷物の配送業者をヤマト運輸にしてPUDOで受け取る方法」について解説していきます。

 

なお、

  • そもそもPUDOとは何なのかを知りたい
  • PUDOを使ったことが無い
  • ネット通販で購入したものをPUDOで受け取る手順について知りたい

という方は、こちらの記事にくわしくまとめていますので、先にこちらをご覧になることをおすすめします。

>>「PUDOステーション」でネット通販の荷物を受け取る方法を解説

 

※この記事は、2019年4月時点の情報をもとに記述しています。Amazonの配送の仕組みやPUDOの操作手順などは変更されている可能性がありますのでご了承ください。

 

 

Amazonの荷物をPUDOで受け取るには条件がある

配送業者によってPUDOで受け取れるかが決まる

Amazonで使われる配送業者は

  • ヤマト運輸
  • 佐川急便
  • 日本郵便
  • その他の業者

のどれかになりますが、このうち、現状、PUDOを利用できるのはヤマト運輸と佐川急便です。

また、佐川急便の場合は、「自宅への配送が不在配達になった場合にその再配達先をPUDOに指定できる」という非常に限定的な使い方でしかPUDOを利用できません。

ですから、事実上、配送業者がヤマト運輸になった場合のみ、PUDOを使えることになります。

クロネコメンバーズに登録している必要がある

Amazonの荷物がヤマト運輸で輸送されたとしても、PUDOを利用するためには、クロネコメンバーズに登録している必要があります。

 

Amazonの配送業者を確実にヤマト運輸にするには

ファミリーマートのコンビニ受け取りに指定すればヤマト運輸になる

Amazonでは、配送方法の指定によって使われる配送業者が決まります。

自宅への通常配送の場合だと、使われる業者はランダムで決まりますが、コンビニ受け取りでファミリーマートに指定すると、宅配業者はヤマト運輸になります。 (ちなみに、ローソンに指定した場合は日本郵便になります。)

PUDOで荷物を受け取るまでの流れ

PUDOで受け取ることができると言っても、現状では、Amazonの画面上で配送先を直接PUDOに指定することができません。

一度配送先をファミリーマートに指定しておき、発送後に配送先をPUDOに切り替える流れになります。

 

Amazonで購入してからPUDOで荷物を受け取るまでの手順です。なお、前述したように、あらかじめクロネコメンバーズに登録している必要があります。

 

  1. Amazonで、ファミリーマートのコンビニ受け取りに指定して商品を購入します。

  2. 荷物が届く前日あたりのタイミングで、ヤマト運輸から「お荷物お届けのお知らせ」のようなタイトルのメールが届きます。

    お荷物お届けのお知らせメール

    そのメール文面のリンクから受け取り場所を変更でき、そこで配送先をファミリーマートからPUDOに変更できます。

  3. ヤマト運輸がPUDOに配達を完了するまで待ちます。

    PUDOに荷物が入ると、納品完了を知らせるメールが届きます。

    お荷物納品完了のお知らせメール

    そのメールには、8桁の認証番号が書かれており、荷物を取り出すのにこの認証番号が必要になります。

  4. 配送先に指定したPUDOに行って荷物を回収します。

    PUDOステーション

Amazonでの配送方法指定についての補足

Amazonの荷物の配送について詳しい方は、

「ヤマト運輸営業所の店頭受け取り」や「お届け日時指定便」を指定してもヤマトのみが使われるのではないか?

と思われるかもしれませんので、この点についての補足です。

ヤマト運輸営業所止めについて

Amazonで配送先を「ヤマト運輸営業所の店頭受け取り」に指定することでも宅配業者はヤマト運輸にすることができますが、しかし、この指定の場合はPUDOを使うことができません。

というのは、営業所に届いた時点で配達が完了した扱いになってしまうので、上記の流れでは、そこからPUDOに配送先を変えることができないためです。

お届け日時指定便について

Amazonで「お届け日時指定便」を指定した場合、以前はヤマト運輸のみが使われていましたが、最近ではそれ以外の宅配業者も使われるようになり、確実にヤマト運輸とはならないようです。(ヤマトが使われるかどうかは、地域差がかなりあるようです)

 

Amazon、ヤマト、PUDOの連携をうまく使ってPUDOで荷物を受け取ろう

現状では、Amazonの荷物をPUDOで受け取るためには、このようなややこしい手順を考えなければなりません。

しかし、Amazonの荷物をPUDOで受け取れることはやはり便利ですから、ちょっとの工夫でスムーズな荷物の受け取りを実現しましょう。

 

そもそも、Amazonの配送方法の指定画面で、コンビニ受け取りと同じようにPUDOを配送先に選ぶことができればこんなことをする必要が無いわけですから、是非、Amazonから直接PUDOを配送先指定できるように対応してほしいものですね。

 

 

オススメの記事

>>「PUDOステーション」でネット通販の荷物を受け取る方法を解説

>>【お手軽】PUDOから「らくらくメルカリ便」を発送する方法

>>ダンボールの処分をより簡単にする便利グッズ5選